top of page
オンラインカジノ
プレイワールド
  • 執筆者の写真オンラインカジノなび編集部

オンラインカジノの違法説


オンラインカジノ違法

オンラインカジノ は、拠点国で運営ライセンスを取得して初めてサービスを提供、および配信できるようになります。なぜなら、カジノ運営用のライセンスを取得していない限り、多くの国では オンラインカジノ としての銀行口座の開設ができないからです。

また、ゲームプロバイダーも同様に、ゲームライセンスを取得していない オンラインカジノ とは契約を結ぶことを拒否します。このことから、ライセンスを保持していない オンラインカジノ は、オンラインカジノとして運営していけません。オンラインカジノ が保持しているライセンスは、カジノサイトのホームページの下の方に記載されています。


また、当サイトのような、カジノを紹介しているページも安全を保っています。

これは、登録された皆さんより手数料をいただくのではなく、

オンラインカジノサイト 側より広告費をいただいているからです。

オンラインカジノサイト 側も、怪しいサイトとは運営をしたがりません。

広告代理店として、自社を紹介してくれる場所を好むからです。

わかりやすくいうと◉天市場にお店が登録するのとよく似ています。

​では、オンラインカジノ が保持しているライセンスには、

どのようなものがあるのか紹介していきます。


​オンラインカジノライセンスとは?

カジノライセンスは発行国ごとに異なりますが、厳しさの度合い以外にカジノライセンス取得には一定の基準を満たしている必要があります。いきなりカジノライセンスだよって言われても困りますよね? ぜひ以下を参考にしてください。


下記以外にも、ヨーロッパではイギリス、マン島、オルダニー島、アイスランド、スイス、カリブ海諸国ではアンティグア・バーブーダやドミニカ共和国、中南米ではベリーズ、コスタリカ、パナマ、その他にもオーストラリア北方領やフィリピンにライセンス機関が存在していますので、こちらに記載されていないライセンスからといって、怪しいオンラインカジノサイトというわけではありません。


ジブラルタル(イギリス領)

特に厳しい審査を課す政府機関の一環として評判のある場所です。審査を通過するためには、しっかりとした資本を持っていることを示す必要があり、経営計画も綿密に提出しなければなりません。一度ライセンスを手に入れたら、オンラインカジノに関わる支払いなどは、ジブラルタルに本拠地を置く特定の金融機関を通じて行う必要があります。そして、ライセンス所有者は年間利益の1%または8万5千ポンド(どちらか高い方)を税金として支払うことが求められます。


マルタ共和国(イギリス連邦加盟国)

マルタ共和国のライセンス機関である『Malta Gaming Authority(マルタゲーミングオーソリティ)』は、2023年1月1日現在、ドイツのゲーミングライセンスに対する厳格な審査を行う点で世界でも有数の評判を誇っています。※(以下「ドイツ」参照)マルタは遠隔ギャンブリング業界のリーダーとして知られ、Malta Gaming Authorityからライセンスを取得したカジノは高い信頼性を持っています。取得したライセンスは5年間有効であり、更新も可能です。なお、ライセンス取得者は自動的に『UK Gambling Commission(英国賭博規制委員会)』にも登録され、英国在住者へのサービス提供が可能です。


キュラソー島(オランダ領)

キュラソー島のライセンス機関である『Curaçao Egaming(キュラソーエゲーミング)』は、その審査の速さで広く知られています。ライセンスの発行だけでなく、多岐にわたるサービス提供が同機関の特徴とされています。特にカジノオペレーターに対するコンサルティングサービスも行っており、総合的なサポートを受けることができます。ライセンスを取得した事業者は、オンラインカジノのサーバーをキュラソー島に置くことが義務づけられています。


 ドイツ

ドイツのライセンス機関である『Gemeinsame Glücksspielbehörde der Länder(ゲマインザメ グリュックスピールベフェアデ デア レンダー)』は、その厳しい審査で世界的に有名です。このライセンスを持つカジノサイトでは、プレイヤーの1ラウンドあたりの最大ベット額が€1に設定され、スピン間隔も5秒以上かかるように制限されています。さらに、月間の入金額は最大€1000までと規定されており、オンラインカジノの親会社が異なる場合でも、専用のセーフサーバーである『LUGAS』を介して管理されています。例えば、カジノサイトAに€600を入金した場合、その月に他のサイトに入金できる残額は€400に制限されます。


スウェーデン

スウェーデンのライセンス機関である『Swedish Gambling Authority(スペリンスペクショネン)』は、2023年6月1日以降、スウェーデン国内でライセンスを取得せずにサービスを提供しているカジノサイトを厳密に監視し、ブラックリストに登録することで知られています。2023年3月1日からは、このライセンスを取得せずにスウェーデン国内でサービスを提供している決済プロバイダーやゲームプロバイダーも同様にブラックリストに掲載され、以後はスウェーデンでの営業が難しくなります。


カナダ カナワケ

カナダのカナワケに本拠を置くライセンス機関である『Kahnawake Gaming Commission(カナワケゲーミングコミッション)』は、短い有効期間が2年という特徴を持っています。その他にも、ライセンス取得には一定の条件が設けられており、取得後は厳格な監査が行われます。この機関のライセンスは、オンラインギャンブル事業者に対して信頼性の高い基準を提供しています。


​ここ注意!

ライセンス取得後も重要なのは、取得したライセンスがあくまで一定の地域での有効性しか持たないという事実です。例えば、ジブラルタルのライセンスを取得していても、米国在住者向けにオンラインカジノを提供することは米国法で禁じられています。同様に、2017年にオーストラリアで導入された法律により、オーストラリア在住者向けにオンラインカジノを提供するには追加の特別なライセンスが必要です。

このような厳格な規制は、オンラインカジノ 運営において重要な役割を果たしています。オンラインカジノ は公正な運営が求められるため、ライセンスを取得したカジノでは安心してプレイできる環境が提供されます。ただし、オンラインカジノ業界には悪徳業者も存在する可能性があるため、プレイ前には必ずライセンスの有効性を確認し、信頼性の高いカジノを選ぶように心掛けましょう。安全で楽しいオンラインカジノ には、ライセンス取得は欠かせない要素となります。


関連サイト

マルタゲーミング委員会(MGA)

CURAÇAO EGAMING (キュラソー・イーゲーミング)

スウェーデンゲーミング委員会(SGA) ドイツゲーミング委員会(GGL)


オンラインカジノの第三者機関とは?

オンラインカジノ の第三者機関は、通常、公正なギャンブル環境を確保し、プレーヤーの権利を保護するために存在します。厳格で信頼のおけると世界的にも有名な第三者機関は下記の3機関になります。

eCOGRA(eCommerce Online Gaming Regulation and Assurance)

eCOGRAは、オンラインギャンブル業界で信頼性と公正性を保証するための非営利組織です。彼らはカジノやポーカーサイトなどのオンラインギャンブル事業者に対して、公正なゲームプレイとプレーヤーの保護を確認するためのテストと認証を提供しています。

GLI(Gaming Laboratories International)

GLIは、世界中のギャンブル製品に関する独立した試験サービスを提供している機関です。彼らはソフトウェアやハードウェアのテスト、認証、監査を行い、業界の標準や規制に準拠しているかどうかを確認します。

iTech Labs

iTech Labsもギャンブル業界向けにテストと認証を提供している独立したラボです。彼らはオンラインスロットやテーブルゲームなどのゲームソフトウェアの公正性をテストし、結果を報告しています。

これらの第三者機関は、オンラインカジノ が適切な標準を満たし、プレーヤーに対して公正かつ安全な環境を提供していることを確認するために利用されます。プレーヤーが安心して オンラインギャンブル を楽しむために、信頼性のあるカジノは通常、これらの機関による認証を受けています。


今、人気のオンラインカジノTOP3

ライセンスもセキュリティもしっかりしているオンラインカジノTOP3はこの3社になります。


オンラインカジノ
オンラインカジノ
オンラインカジノ


Opmerkingen

Beoordeeld met 0 uit 5 sterren.
Nog geen beoordelingen

Voeg een beoordeling toe
オンラインカジノ
オンラインカジノ
オンラインカジノ
bottom of page