top of page
オンラインカジノ
プレイワールド
  • 執筆者の写真オンラインカジノなびライター

初心者のためのカジノ バカラ ルール


カジノ バカラ

バカラ(Baccarat)は、カジノで人気のあるトランプゲームの一つです。勝負が決まるスピードが驚くほど速いのも特徴の一つです。ベットする側が直接ディーラーと勝負をするカジノゲームではなく、ベットするのは観客としていている側、つまり観客がどちらが勝利するかに賭けるというゲームです。こう聞くと、「攻略法なんていらないんだ!」と思われがちですが、バカラにはバカラ特有の「罫線」というメモを取りながら予測をたててゲームを進めていきます。


オンラインカジノのバカラには罫線がスクリーン上に出てくるところがほとんどですが、まずは、「紙」と「ペン」と使用した方法で学んでいきましょう!


「面倒だな」と感じるかもしれませんが、慣れてくると罫線をつけること自体が楽しくなってきますよ!


このページでは、バカラゲームにおいてのカードの読み方、ゲーム進行、罫線の付け方などを学んでいきます。


まずは、カジノのバカラゲームは、


合計が9に近い方が勝者となり、引き分けの場合もある

そして、

PLAYERに賭けるか、BANKERに賭けるかの2つに1つに賭ける


ということを覚えておいてください。では、バカラゲームの進行をざっくりと最初にみて、そのあと掘り下げていきましょう! 



バカラの払い戻し率

バカラには3種類の賭け方があり、それぞれの払い戻し率が決まっています。



  • 「バンカーが勝つ」に賭けて当たった場合⇢ 1.95倍

  • 「プレイヤーが勝つ」に賭けて当たった場合⇢2.00倍

  • 「引分け」賭けて当たった場合⇢9倍



バカラのゲーム進行


カジノ バカラ

カードの価値を理解するバカラでは、カードの価値は他のカードゲームと異なります。2から9までのカードはそのままの価値を持ち、10や絵札は0の価値を持ちます。エースは1ポイントの価値があります。目標は、合計ができるだけ9に近い手を持つことです。



賭けをする各ラウンドの前に、賭けをする機会があります。プレイヤーの手、バンカーの手、または引き分けに賭けることができます。バンカーの手が勝つ可能性がやや高いですが、バンカーに賭けると手数料が発生します。


カードを配る賭けが行われたら、ディーラーはプレイヤーに2枚、バンカーに2枚のカードを配ります。カードの価値は合算され、合計が9を超える場合は2桁目が落とされます。例えば、プレイヤーの手が7と8の場合、合計値は5になります。

三枚目のカードを引くプレイヤーとバンカーの手の合計値によっては、三枚目のカードが引かれることがあります。三枚目のカードを引くかどうかのルールは予め定められており、プレイヤーの判断は必要ありません。


勝者を決定する最終的なカードが配られた後、合計値が9に最も近い手が勝者となります。プレイヤーの手が勝った場合、プレイヤーへの全ての賭けが払い戻されます。バンカーの手が勝った場合、バンカーへの全ての賭けから手数料を差し引いた額が払い戻されます。引き分けの場合は、引き分けに賭けた賭けには高いオッズで払い戻しが行われます。


これらをわかりやすくまとめると・・・


1 賭け金を置く


「バンカーの勝ち」


「プレイヤーの勝ち」


もしくは「引き分け」のスポットにチップを置きます。


2 カードの配布

プレイヤーとバンカーに、それぞれ2枚のカードが配られます。


3 プレイヤー側のカードの開示

最初にプレイヤーのカードがオープンにされます。

2枚の合計によって3枚目を引くかどうかのルールが決まっています。

3枚目を引く必要がない場合は2枚の合計がプレイヤーの数字となります。

3枚目を引いた場合は3枚の合計数がプレイヤーの数字となります。


4バンカー側のカードの開示

プレイヤーの順番が終わったらバンカーのカードがオープンされます。

バンカー側にも3枚目を引くかどうかのルールが決まっています。

3枚目を引く必要がない場合は2枚の合計がバンカーの数字となります。

3枚目を引いた場合は3枚の合計数がバンカーの数字となります。


5勝敗決定

9に近い数字を持っているほうが勝ちとなります。


ここまでなんとなく把握できたら次はカードの見方をマスターしていきましょう!



バカラのカードの価値

9が最も強い数字で、以下8、7、6と続きます。

弱い  0<1<2<3<4<5<6<7<8<9 強い

勝敗はバンカーとプレイヤーに配られた2枚もしくは3枚のカードの合計で決まります。




カジノ バカラ のカードの意味

カジノ バカラ

カードはJOKERの無い52枚が6デック(312枚)もしくは8デック(416枚)がカードシューにセットされ用意されることが多いです。バカラのカードの読み方は以下のようになります。


  • カードの数字: カードの数字2から9は、そのままの価値を持ちます。例えば、数字が5のカードは5の価値を持ちます。

  • 10、ジャック、クイーン、キング: これらのカードは特別で、すべてが0の価値を持ちます。つまり、10、ジャック、クイーン、キングはゲーム中において「0」として扱われます。

  • エース: エースは1の価値を持ちます。エースが含まれる場合、そのカードは「1」として数えられます。


次はいよいよバカラのルールについてです。ゆっくりと時間をかけて一緒に覚えていきましょう。




バカラゲームのルール

まず「ナチュラル」という言葉を覚えてください。


「ナチュラル」は、バカラなどの一部のカジノゲームにおいて、特定の条件が最初から満たされることを指します。具体的には、最初の2枚のカードで合計が8または9になる場合を指します。

バカラでは、プレイヤーとバンカーの最初の2枚のカードの合計が8または9になった場合、その手は「ナチュラル」と呼ばれます。ナチュラルが出ると、その時点でゲームが終了し、追加のカードは引かれません。また、ナチュラルが出たプレイヤーまたはバンカーがそのゲームの勝者となります。

例えば、プレイヤーの最初の2枚のカードが8のクイーン(0ポイント)とエース(1ポイント)の場合、合計は9になり、これがナチュラルです。同様に、合計が8になる場合もナチュラルと呼ばれます。ナチュラルは非常に強力で、相手の合計にかかわらず勝利となるため、カジノゲームにおいては重要な状況となります。


まとめると、


ナチュラル(8か9)が出た場合

プレイヤーまたはバンカーの最初の2枚のカードの合計が8か9の場合、「ナチュラル」と呼ばれ、追加のカードは引かれません。勝敗はその時点で決まります。


ナチュラルが出なかった場合

ナチュラルが出なかった場合、プレイヤーの最初の2枚の合計によってバンカーの行動が決まります。

  • プレイヤーの合計が0~5の場合、プレイヤーは3枚目のカードを引きます。

  • プレイヤーの合計が6または7の場合、プレイヤーは3枚目のカードを引かずにスタンドします。


バンカーの行動

プレイヤーが3枚目のカードを引いた場合、バンカーの行動はプレイヤーの3枚目のカードとバンカーの最初の2枚の合計に基づいています。以下はバンカーの行動ルールです。

  • バンカーの合計が0~2の場合、バンカーは3枚目のカードを引きます。

  • バンカーの合計が3の場合、プレイヤーの3枚目のカードが0~9であれば、バンカーは3枚目のカードを引きます。

  • バンカーの合計が4の場合、プレイヤーの3枚目のカードが2~7であれば、バンカーは3枚目のカードを引きます。

  • バンカーの合計が5の場合、プレイヤーの3枚目のカードが4~7であれば、バンカーは3枚目のカードを引きます。

  • バンカーの合計が6の場合、プレイヤーの3枚目のカードが6または7であれば、バンカーは3枚目のカードを引きます。

  • バンカーの合計が7の場合、バンカーは追加のカードを引きません。


3枚目のカードについてさらに詳しくいうと・・・・


例1

プレイヤーとバンカーの最初の2枚がそれぞれ[2][4]と[6][10]で、合計が2点と16点です。ただし、10の位は無視されるため、バンカーは6点になります。合計が6点以上の場合、3枚目は引かれません。

例2

プレイヤーがナチュラル8点([ナンバー][10])、バンカーが0点の場合、プレイヤーの勝利となります。ナチュラルが出た場合は、相手が何点であっても3枚目は引かれません。

例3

プレイヤーが最初の2枚で合計2点([7][5])、3枚目を引くことになります。バンカーは合計6点で、プレイヤーの3枚目が[6]なので、バンカーも3枚目を引きます。

例4

プレイヤーが[6][7]で3点で、3枚目を引くことになります。バンカーは合計6点で、プレイヤーの3枚目が[Q]で0点なので、バンカーは3枚目を引かずに勝利しています。

例5

プレイヤーが[A][10]で1点で、3枚目を引くことになります。バンカーは[5][K]で合計5点。プレイヤーの3枚目が[6]なので、バンカーも3枚目[2]を引きます。

例6

プレイヤーが[5][8]で3点で、3枚目を引くことになります。バンカーは[6][K]で合計6点。プレイヤーの3枚目が[6]なので、バンカーも3枚目[10]を引きます。

このように、2枚または3枚のカードの合計が9に近い方が勝利となります。



ここまで把握できたら、次はバカラの勝率についてみていきましょう。





バカラで勝率を上げる


バカラでは、賭け方によって勝率が異なります。基本的な賭け方とその勝率を理解することで、お金を稼ぐ確率を上げることができます。


バンカーに賭ける

勝率: 44.62% バンカーに賭けることで、その手が勝利する確率は約44.62%です。手数料がかかる場合がありますが、安定した勝率が特徴です。


プレイヤーに賭ける

勝率: 45.86% プレイヤーに賭けることで、その手が勝利する確率は約45.86%です。バンカーよりも僅かに高い勝率が期待できます。


引き分けに賭ける(タイ)

勝率: 9.52%

引き分けに賭けることで、その結果がタイになる確率は約9.52%です。勝率は低いですが、高い配当が期待できます。


ペアに賭ける

勝率: 5.88%

ペアに賭けることで、プレイヤーまたはバンカーが最初の2枚のカードでペアを作る確率は約5.88%です。勝率は低めですが、高額の配当が魅力です。


これらの賭け方と勝率を覚え、戦略的にプレイすることで、バカラでのお金の稼ぎ方を向上させることができます。初心者でも基本的なルールを理解し、賭け方をマスターすれば、楽しみながら効果的にプレイできます。




バカラの出目票 罫線

バカラの出目票は、ゲームの結果や傾向を追跡し、戦略の立案やゲームの進行を理解するために使用されます。プレイヤーは過去の結果を確認して特定のパターンを見つけ、今後のベットやプレーに戦略を適用できます。また、出目票を通じて運の流れを感知し、ゲームに対する興奮と関与を高めることができます。ゲームの進行を一目で把握し、過去の勝敗の履歴を確認することで、プレイヤーは冷静な判断を下すのにも役立ちます。出目票はバカラプレイヤーにとって便利なツールであり、ゲームをより楽しみながら戦略的にプレーする手助けとなります。使用目的は・・・


  1. 戦略の立案

  2. ゲームの進行の理解

  3. 運の流れの感知

  4. 楽しみの一環


と思っていてください。


まずは、罫線のベースとなる大路からみていきましょう。この大路がのちに紹介する他の罫線の大眼仔(ダイガンチャイ)、小路(シュウロ)、甲由路(カッチャロ)」の付け方の基本となりますのでしっかりとここで覚えてくださいね。





バカラ カジノの罫線:大路


カジノ バカラ

バンカーの勝利なら〇、プレイヤーの勝利なら〇を左上の一番端から順に記録します。

  • 引き分け(タイ)の場合は緑色の/を記録し、そのまま連勝として続けます。

  • 連勝するまで下方向に○を書き続け、もう一方が勝った場合には右へシフトして上から記録が始まります。

※勝ち続けている時は下へ印を並べていき、勝敗が変わったら右へ移動していきます。図では、プレイヤーが連勝したのちに引き分けとなったので右へ移動して緑の斜線を記入します。引き分けの後の勝負でバンカーが勝利となったので、次は赤い丸で記入していきます。これを繰り返しながら記入していきます。※


大路と罫線は、ギャンブルの流れを楽しみながら、偏りを利用して勝敗を予測する魅力的な要素です。初心者でも手軽に取り組め、バカラ カジノの波に乗りながらガッツリ儲けましょう!


ここポイント

罫線には「波」のような動きが見られます。これはカードのシューが偏った結果であり、ゲームの流れを読み取る手助けとなります。

  • 大路はシンプルなため、初心者でも気軽に波を見分けながら勝敗を予測できます。

  • 過信は避けつつ、ベットに迷ったときに有効に利用できます。






バカラ カジノの罫線:大眼仔(ダイガンチャイ)


※図は、冗談が先ほどの大路、下段が大眼仔です。

カジノ バカラ

大眼仔(ダイガンチャイ)は、バカラ カジノの罫線の一つで、通常はメインの罫線である「大路(ダイロ)」の下に表示されます。大路(ダイロ)と同様に、〇と〇を使用して結果を記録しますが、大眼仔(ダイガンチャイ)は前の結果と同じ動きを読み取る罫線です。大路(ダイロ)とは異なる書き方や見方があり、覚える価値があります。大眼仔(ダイガンチャイ)は、ゲームの波をより正確に把握できるため、バカラの中でよく利用されます。




大眼仔の基本ルール

〇:同じ動きをしている場合

〇:異なる動きをしている場合


一列手前に比較対象がない場合

連勝なら

連勝でなければ

引き分け(タイ)は無視


バカラ カジノでの大眼仔は、ゲームの予測と戦略の一環として、大路(ダイロ)と組み合わせて覚えておくことがおすすめです。





バカラ カジノの罫線:小路(ショウロ)

小路は、バカラなどのカジノゲームで使われる記録方法の一つで、大路の結果に基づいて進行していきます。まとめると・・・


  • 大路の最新結果と2列手前の結果を比較

  • 同じ動きの時は、違う動きの時は

  • 2列手前に比較対象がない場合は、

  • 連勝なら

  • 連勝でない場合は

  • 大路の最新情報が引き分けなら記録はしない




カジノ バカラ

わかりやすいように数字を記入してみました。この表では、大路の9回目のゲームより記入していますので、〇です。隣を見ると〇になっているのは、10回目のゲームで結果が変わったからです。


気をつけないといけないのは、16からずっと20ゲームあたりまでプレイヤーが勝った場合には、記入済みの大路の結果と見比べることができません。この場合は大路の勝敗結果からンカー or プレイヤーが連勝しているかどうかで記録を判断します。





バカラ カジノの罫線:甲由路(カッチャロ)

甲由路(カッチャロ)は、大路(ダイロ)の最新の出目を基準に3列前の動きを見ながら記録していく罫線で、小路(シュウロ )や大眼仔(ダイガンチャイ)に似たような動きをする罫線の1つです。まとめると・・・


  • 大路の最新結果と3列手前の結果を比較

  • 同じ動きの時は、違う動きの時は

  • 3列手前に比較対象がない場合は、

  • 連勝なら

  • 連勝でない場合は

  • 大路の最新情報が引き分けなら記録はしない


さらにまとめると、大眼仔(ダイガンチャイ)は大路の1列手前のゲーム結果を記録していきます。そして、小路は大路の2列前の結果と比べて印をつけていくのに比べて、甲由路(カッチャロ)は3列目前の結果と見比べて印をつけていくということになります。





バカラとミニバカラ 何が違うの?


カジノ バカラ

「ミニバカラ」と「バカラ」は、基本的なルールやゲームの流れ、配当などに大きな違いはありませんが、いくつかのポイントで異なる特徴があります。まず、最も顕著な違いは「最低ベット額」と「演出の有無」です。


バカラはもともとヨーロッパの貴族の間で人気を博したゲームでしたが、アメリカで広まる際に庶民でも気軽に遊べるようになりました。そのため、バカラは富裕層向けの高額ベットが一般的で、最低ベット額も100ドル以上と高額に設定されています。


一方で、「ミニバカラ」は低いベット額で賭けられるようになり、1ドルからの少額ベットが可能です。これにより、一般の方やハイローラー以外のプレイヤーでも気軽に参加でき、賭ける際のリスクを軽減できます。ベット額上限もテーブルごとに異なり、手元の軍資金に合わせて選択できるため、初心者でも安心してプレイできます。


演出に関しても、「バカラ」では絞り(スクイーズ)と呼ばれるカードめくりの独特な演出がありますが、「ミニバカラ」ではこの絞りがないため、ゲームがスピーディーに進行します。絞りを覚える必要がなく、すべてのカードがディーラーによってオープンされるので、初心者にとっては簡単にゲームを楽しむことができます。


オンラインカジノでは、ミニバカラも人気で、ビデオゲームやライブカジノでプレイできます。特にミニバカラは初心者向けにも適しており、少額から始めて徐々に慣れていくことができます。ルールや操作がわかりやすく、初心者が練習するのに最適なゲームと言えるでしょう。




バカラとスピードバカラ


カジノ バカラ

「スピードバカラ」はライブカジノでプレイできるバカラの一種で、その名のとおりスピード感のあるゲーム展開が特徴です。テンポの良いゲーム進行が重視されているため、賭け時間が短く設定されています。予想を楽しみたい方には少し物足りないかもしれませんが、スキマ時間でもゲーム回数をこなすことが可能です。

ベット可能額も1ドル~50,000ドルなど幅広いため、攻略法を使って着実に稼ぎたいという方にも向いているゲームです。

ディーラーがリアルタイムでゲームを進めていくうえに勝敗が決まるのも早いので、ある程度バカラのルールや攻略法の使い方を知っている人の方が遊びやすいといえるでしょう。


スピードバカラ(Speed Baccarat)と通常のバカラにはいくつかの違いがあります。以下はその主な違いです。



ゲームの進行速度

通常のバカラ

ゲームが進行するのは比較的ゆっくりとしたペースです。ディーラーがカードをめくり、プレイヤーがベットを行い、勝敗が決まるまでの時間があります。

スピードバカラ

進行が非常に速く、特にカードのめくりやベットの受付が迅速に行われます。これにより、短時間で多くのゲームを楽しむことができます。


時間制限

通常のバカラ

ゲームに特定の時間制限はなく、プレイヤーがゆっくりと行動できます。

スピードバカラ

各フェーズに制限時間があり、プレイヤーはその制限内でベットを行う必要があります。これがゲームのスピードを維持する要因となります。


ディーラーの取り決め

通常のバカラ

ディーラーがカードを配る速度や進行の仕方に特別な取り決めはありません。

スピードバカラ

ディーラーは一定の速さでカードをめくり、ゲームを進行させるため、より迅速で効率的な操作が求められます。


演出や絞りの有無

通常のバカラ

バカラには絞り(スクイーズ)と呼ばれる、カードを少しずつめくって結果を確認する演出があります。

スピードバカラ

スピードバカラでは、演出が最小限に抑えられ、効率的にゲームを進行することが重視されます。


これらの違いにより、スピードバカラはより迅速で効率的なゲームプレイを提供し、時間を節約しながら楽しむことができます。プレイヤーが好むゲームの進行スピードやスタイルによって、通常のバカラとスピードバカラのどちらを選ぶかが異なるでしょう。




バカラとノーコミッションバカラ


カジノ バカラ

バカラとノーコミッションバカラは、基本的なルールは同じですが、コミッション(手数料)の取り方に違いがあります。バカラでは通常、プレイヤーが勝利した場合は2倍、バンカーが勝利した場合は手数料が引かれ1.95倍の配当になります。

この手数料がなく、プレイヤー・バンカーのどちらが勝利しても2倍の配当を受け取れるのが「ノーコミッションバカラ」です。


バカラ(通常のバカラ)

通常のバカラでは、プレイヤーが勝利した場合、通常は賭けた額に対して1対1の配当が得られます。

しかし、バンカー(ディーラー側)が勝利した場合、一般的には5%のコミッションがかかります。これは、バンカーが有利な結果とされ、その分を手数料としてカジノが取るものです。


ノーコミッションバカラ

ノーコミッションバカラでは、バンカーが勝利した場合でも、プレイヤーに対してコミッションがかからないという特徴があります。

代わりに、バンカーが特定の手で勝利した場合には、プレイヤーの賭けが引き分けとして扱われ、返却されることがあります。この手は「バンカーの6」または「バンカーの7」などが該当します。


ノーコミッションバカラは、プレイヤーにとってはバンカーベットの際に手数料がかからず、0.5~50,000ドルといった幅広い金額が別途でき理論的にはプレイヤーにとって有利と見なされることがあります。


バカラでカジノが騙された?!!

バカラ場にて、たくさんのエピソードが新聞やネット上に掲載されていますが、それほどバカラが人気のゲームだということです。

カジノでのトリック詐欺事件は、ルーレットがダントツ1位で多く、次にバカラと言われているほどです。


一体どんなエピソードがあるのでしょうか?


カッターギャング

2011年にカッターギャング団が逮捕されました。カジノなのになぜカッター??と思われましたか?

このギャング団、配られたカードをカッターで、半分に切る行為を繰り返していたそうです。一人では行えないこの違法行為。とんでもなく危ない行為です。


まずプレーヤーが配られたカードにカッターでデッキを二等分にします。前方のカードは後方に置換え、さらにプレーヤーのカフスボタンに小型内装カメラを設置し、カードの絵札を他のプレーヤーに知らせるという大胆な行為でした。

逮捕されるもこのギャング団は証拠不十分で釈放されており、その後フィリピンに渡り同じ行為を繰り返し、さらにまた逮捕されるもまた逃亡したということです。


現在では、どこのランドベースカジノにおいてもバックなどの持ち込みは禁止、入り口では銃や刃物の持ち込みがないように身体検査がおこなわれているため、このトリックは他の誰にも伝授されることはなく、永遠に闇の中に葬られることとなりました。


一人では賄えないこのような行為は、人数が大きいために“バレやすかった”ということですね。



バカラにおすすめのオンカジ


プレイワールド

✅賭け条件1倍でバカラを練習

✅ライブカジノボーナスで本番

​✅入金不要ボーナス30米ドル

ハマり度     ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

入出金スピード ⭐️⭐️⭐️

 

✅無料版でバカラを練習できる

✅賭け条件「0」だから使い放題

​✅初めて入金10,000USTDバック

ハマり度    ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

入出金スピード ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️


 

コンタクトレンズ

こちらもランドベースであった本当のお話。

特殊コンタクトレンズを装着した仲間と、特殊インクを持ち込んだ仲間が行ったびっくりするトリック。

まるで、映画「オーシャンズ」に出てきそうなお話ではありますが、実際にあった話なのです。

まず一人がカードに特殊インクでマークをつけ、他の仲間達は特殊レンズによってそのカードが何なのかがわかる仕組みとなっていました。

しかし、一度に莫大な大金を手にしたことからカジノサイドから疑いの目をかけられ、カジノ側に追跡されることになりましたが、特殊カメラなどを持ち合わせてはおらず、釈放となりかけました。一人のカジノ店員が、全員が少し違和感のあるコンタクトレンズを着用していることに気がついたのです。


このグループは間もなく逮捕となり、長い間刑務所で過ごすこととなりました。


エッジソーティング

これはその名の通り、カードに傷やマークなどの目印をつけ、記憶しながらプレイしていくというカウンティング法に似た行為となります。

この犯人の名前はフィル。フィルはロンドンでもアトランティックシティでも逮捕されることとなりますが、アトランティックシティでは、不起訴となりました。

誰にでも行えそうなこのトリックも、見つかればおりの中行きとなってしまいます。トリックは詐欺であることをお忘れなく。


日本でのバカラの立ち位置

日本では闇賭博といえばバカラといえます。

数々起きている闇賭博事件で、ブラックジャックやポーカー、ルーレットが関わっている事件はそんなにききませんよね?

それほどまでにバカラは人気があり、闇賭博として町中に蔓延るようになりました。そして、ゲームセンター感覚で大人がこぞって通うようになり、今では闇バカラ事件が発覚してもそんなには驚かなくなったのではないでしょうか?


アジア諸外国

日本以外でも、中国や韓国でもバカラは人気があります。お隣韓国では、カジノは観光客や一定の一般客においては違法とはなりませんが、こちらの国でも闇バカラはあるようです。


ラスベガスを超えたマカオ

アジア圏内でカジノといえば、マカオが最初に連想されるのではないでしょうか?

マカオには年間2000万人を超える観光客が訪れ、その半分以上がカジノ場へ訪れるそうです。そしてその中でも人気が高いのが、初心者でも参加しやすいカジノスロットとバカラであると言います。

マカオのカジノといえばスタンレー・ホー氏。ジャッキー・チェン氏などと組み、カジノ業界をマカオ国内でも「経済の肥やし人」として人気のある存在ですが、スタンレー氏の妹、ウィニー氏もまたラズベガスのM G Mと業務提携を行い、マカオのカジノ産業を大きく成長させた人でもあります。


なぜそんなに闇の領域でバカラが流行るのか?

これは配当率が関わっているようです。高配当率を売りに客引きをして、高額賭け金よりのコミッションで、闇屋は商売が成り立つからです。


オンラインカジノなびより

日本のランドベースカジノにもバカラ場が登場します。それにそなえて皆さんにも是非覚えておいて欲しいことがあります。

軽い気持ちで行った行為でも、カジノサイドにとっては危害を加えられた行為なのは確かです。

このトリックでの逮捕についてしまう罪名は信じられないくらいの数に及び、人生を無駄にしてしまう行為となります。


当人が遊び半分だったと言い張っても、被害者にとっては重大な損失には違いありませんので、言い逃れはできない上、犯罪となってしまいます。

軽い気持ちで犯罪を起こしてしまう前に、よく将来の自分の姿をよく考えてから行動するようにしなければいけませんね。


危ないトリックに手を染めやすい人の特徴

危険な行為に手を染めやすい人にも特徴があります。危険な行為に手を染めやすいということは、ゲームに負けやすい人の特徴にもつながります。


✅バカラの期待値を把握していない

✅行動において熱くなりやすく、状況判断を見失ってしまう人

✅攻略法も勉強しない無計画な人

✅何も考えずただプレイに参加する人

✅投資ではなく、ギャンブルとして楽しむ人

✅資金管理ができない人

✅だらだらと長時間プレイしてしまう人



カジノゲームにおいて、必ず勝てるということはありませんので、危険なトリックを使用する前に、列記とした攻略法を使用するようにお心がけましょう。


Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
オンラインカジノ
オンラインカジノ
オンラインカジノ
bottom of page