top of page
オンラインカジノ
プレイワールド
  • 執筆者の写真オンラインカジノなび編集部

パチンコとは?新台のパチンコが気になりますか?


パチンコ

日本の国民的ギャンブルとも言えるパチンコ。田舎から都会まで、パチンコの新台を置くパチンコ店は日本全国至る所に所在する。

成人であれば、誰でも無料で入場できるほか日本国内では合法のギャンブルである。

しかし、パチンコは日本のルールではギャンブルには当てはまらないのは知ってる?

1000円から遊べる、違法でなく、そして難しくもないパチンコは、成人になったら絶対にやってみたいことにリストアップしている若者も多いのが事実。

おっちゃんやおばちゃんが、パチンコ店近くのカフェで「今日はあかんかったわ」「今日はごっつい儲けたわ」と話しているのを聞くと、誰でもやってみたくなるのは無理もない。


パチンコと一言で言ってもパチンコ店の中には、パチンコ台の他に、スロット台も設置されている。

スロット専門店もあるほどパチンコ店内で人気のゲームといえばスロットになる。もちろん1つの店内にパチンコ、フィーバー、スロットが設置されているので、飽きたら他の台に映れば良いだけなのも、なんだか庶民的版ランドベースカジノのようだ。


パチンコのルール

パチンコには至ってルールは存在しない。玉を弾かせ、設置されている穴の中に玉が入ればあたりとなる。


パチンコ店内で、パチンコ台を横から吟味している客をみたことはないだろうか?

これは釘の向きを観察しているのだ。釘の向く方向によって、玉が当たりに入りやすかったりそうでなかったりするからである。

しかし、特にルールが設定されていないシンプルなゲームであるパチンコでも、ルール違反をすると逮捕されてしまう。


パチンコ店による釘の偽装である。パチンコ店が釘の向きを独自で変えてしまうのは禁じられている。仕入れたパチンコメーカーが作成した通りのパチンコ台がルールん基準となっているため、出玉を少なくしようかなどと思って、釘の向きを変えてしまうと違法となりあっさりと逮捕となってしまう。


スロットの場合も同じである。スロットにも少しルールはありませんが、台の上に貼られているリーチ絵柄を元にしてプレイするというのが基本的なプレイ方法。


特にルールが存在しないパチンコ、大事なのは勝ち方ともいえてくる。



パチンコの勝ち方

一昔前であれば、パチンコの当たり玉は多くて3000個の台も存在したが、残念ながら2018年から最高出球は1500個までに規制されている。

パチンコ玉1個の平均単価は約1.3〜1.5円程度とされているところを見れば本当に勝てるのか?と不安になる人も多いのでは?


パチンコの最大出球が1500個と決められていては単純に計算しても、さほど儲けにはならない金額である。が、連チャンという言葉をしってるだろうか?

言葉の通り、連続して当たりが出てくることで、これにハマれば出玉は軽く3000個を超えてくる。


例えば1000円投入して3000玉が出たら2000円以上は稼げるという計算になる。

パチンコ

標準パチンコ

パチンコ台であれば玉を釘の間に通らせて、中央の穴の中へ入れれば当たりとなる。これは一般的なパチンコの機種でただ単純に穴に入れば良いという至ってシンプルで子供でもできてしまいそうなほど簡単。玉を弾く方向が一度決まったら、止めうちをします。最近のパチンコ台には止め打ち用のレバーがついていますが、ついていない場合は十円玉を間に挟んでもプレイが可能です。

しかし、挟んでいるのがパチンコ店の店員にバレると、つまみ出される可能性もあります。

止め打ちをすることで、手がぶれず狙い通りに弾が飛んでいきます。


フィーバー

パチンコと同じプレイ方法で、同じ出球を穴に入れるとあたりとなるフィーバーという機種も存在する。フィーバーの場合には、出球が穴に入った後に真ん中の小さな掲示板内の数字が「777」など、数字がゾロ目で揃えば配当となる。こちらも当たりが出た際の出球数は規制されているが、連チャンは確実ともいえ、さらにボーナスなどもしくまれているので、ただ単純に玉を穴の中に入れて、数字を回転させれば良いという単純な仕組みである。

こちらも止め打ちが可能なゲーム機である。


ただ単に数字を揃えれば当たりではなく、最近のフィーバーはカジノスロットのようにストーリー性のあるものが多く、また、ドラマや映画と提携しているもの、テレビゲーム機種と提携している機種などバラエティに富んでいるのがパチンコファン泣かせなのである。


スロット

カジノでもお馴染みのスロットゲーム。パチンコ店にも存在します。パチンコ店のスロットは、販売機でコインを購入し、賭けたい分だけコインを投入する。

カジノスロットと同じ原理で、絵柄が揃えば配当となるパチンコ店のスロットには、「BAR」という絵柄が存在し、これも小さな当たり目である。

リーチ表のリーチ目が出ると、「777」の大当たりが出るかと胸を踊らせながらボタンを推すのであるが、BARの時もあるということになる。

最近のスロットにはボーナスゲームにもさまざまなボーナスが組み込まれていて、ビッグボーナスから子役、そしてさらにおまけのボーナスゲームまで取り組まれている。



パチンコで勝つ方法の基本とも言えるのは「台に執着しない」といえます。

出ない台に座ってしまった場合には、すぐに移動する。これに限ります。出ないからと言って執着して同じ台に座っているとあっという間に負けてしまうのがパチンコです。

「たくさんお金をつぎ込んだから、今更やめられない」などと言って続けていると、あっという間に軍資金がなくなってしまいます。

”出ない”と感じたら後ろ髪を引かれても、さっさと他の台に移るようにしましょう。



パチンコ経営

パチンコ店はサービス業に当たります。お客様が長くいられるようにエアコンをきかし、音楽を賭け、コーヒーも販売しています。

客が長居することで儲かるのが原理となっているパチンコ店は、列記とした商売となります。


サービスを提供して、サービスに対してお客は支払う、そういう仕組みになっています。1週間で数百万円を売り上げるパチンコ店の利益はこの半分以上を利益としなければ成り立ちません。しかし、「出ないパチンコ店」とレッテルを貼られてしまうと奥アクが来なくなってしまいます。


長く売ってもらって、たくさんお金を落として行ってもらうためにパチンコ店のサービスへの向上は日々積み重ねられているのです。



いかがでしたか?今日はパチンコについてちょっとだけお話しました!

オンラインカジノのスロットには、パチンコ機種というものもあります。これからどんどん増えていくのではないでしょうか。


Commentaires

Noté 0 étoile sur 5.
Pas encore de note

Ajouter une note
オンラインカジノ
オンラインカジノ
オンラインカジノ
bottom of page