top of page
オンラインカジノ
プレイワールド
  • 執筆者の写真オンラインカジノなび編集部

ブラックジャック ルール

ブラックジャックの世界へいらっしゃい!


まだブラックジャックで遊んだことがない人!ここで一緒に勉強していきましょう。

テーブルゲームは、リアル感覚でも遊び感覚でも楽しめるゲームです。一見難しそうに見えてしまうテーブルゲームですが、慣れてくるととてもスリルがあって楽しいのが特徴です。

今からブラックジャックを初めてプレイする人も、始めちゃっている人にもぜひ読んでいただきたいです。

ブラックジャック

ブラックジャックは、1人のディーラーと数人のプレイヤーが半円形のテーブルに座り、対戦するカードゲームです。ディーラーはカジノのスタッフで、ゲームの進行を担当し、プレイヤーは賭けを行うお客様となります。プレイヤーとディーラーがカードの合計を21に近づけることを競います。しかし、21を超えないように注意しながら、戦略的にプレイして勝敗を競います。


テーブルではディーラーとプレイヤーが対戦し、他のプレイヤーやディーラーとの協力はありません。複数のプレイヤーが参加している場合、各プレイヤーは個別にディーラーと対戦し、結果はそれぞれに影響します。

ブラックジャックの醍醐味は、プレイヤー同士や場の雰囲気を共有しながら、それぞれがディーラーとの1対1の対戦を楽しむことです。一度に複数のプレイヤーが勝つこともあり、それがゲームを盛り上げる瞬間となります。


ブラックジャック

ブラックジャックのゲーム進行に前に、カードの読み方や、ゲーム内で使用する言葉から覚えていきましょう。


カードの読み方

ブラックジャック

2から9までのカードは、そのままの数字で数えます。

例えば、3のカードと10のカードの合計は12、7のカードと8のカードと6のカードの合計は21になります。

絵札(J、Q、K)は全て10と数えます。

例えば、6のカードとKのカードの合計は16、Jのカードと10のカードの合計は20になります。


Aのカードは特別で、1とも、11とも数えることができます。例えば、6のカードとAのカードの合計は、7としても17としてもOKです。

この柔軟性があり、例えば、6のカードとAのカードの2枚でスタンドを選ぶとAのカードは11と数えられ、合計は17となります。これは、21に近づける上で有利な手となります。

ただし、Aのカードが1と数えられる場合もあります。例えば、3枚目に4のカードが配られた場合、Aのカードは11と数えられて、合計が21になります。これを「ソフトハンド」と呼びます。

逆に、Aのカードが1と数えられる場合もあります。例えば、3枚目のカードが9の場合、Aのカードは1と数えられて、合計は16になります。これは「ハードハンド」と呼ばれます。

そして、Aと10または絵札の組み合わせが合計21になり、これが「ブラックジャック」と呼ばれる最強のハンドです。


ブラックジャック ルール① ゲーム進行

ブラックジャック

ブラックジャックは、ディーラーとプレイヤー(一人でも複数とでも)が対戦するカードゲームです。目的は、手札の合計が「21」に近づけることで、21を超えてしまうと負けとなります。


基本ルールは以下の通りです。

  1. カードの数字は、2から10まではそのままの数字、J・Q・Kは10として、Aは1または11として扱われます。

  2. ディーラーとプレイヤーに2枚ずつカードが配られます。

  3. プレイヤーは、自分の手札の合計が21に近づくように、追加のカードを要求するかどうかを選びます。

  4. プレイヤーが21を超えると、自動的に負けとなります。

  5. ディーラーは、プレイヤー全員がカードを引き終わった後、自分の手札が17以上になるまでカードを引きます。

  6. ディーラーが21を超えると、プレイヤーの勝利となります。

  7. プレイヤーがディーラーよりも21に近い場合、またはディーラーがバストした場合は、プレイヤーの勝利となります。

  8. 同じ点数の場合、引き分けとなります。


ブラックジャックで使用する用語

ブラックジャックでは、アクション用語、ルール用語などさまざまなブラックジャックのゲームを進行させていく上で必要な用語があります。これからブラックジャックを覚える人のゴールは、きっとライブカジノでのプレイではないでしょうか?

ブラックジャック用語を覚えておくと、初めてのライブカジノでのテーブル着席において、緊張することなどなくなるはずです。


基本の用語

ハンド

手札のこと。また複数の座席でプレイをすることをマルチハンドといいます。

サイドベット:サイドベットとは最初に配られる2枚のカードを利用して、通常のゲームとは別の賭けを同じゲームで行うベット方法の用語です。

ファーストベース

対面するディーラの一番右側の席のことを指します。

サード・ベース

先ほどのとは逆に、対面するディーらーから向かって左側に着席することを言います。


カード用語

シングルデッキまたはダブルデッキ

通常複数のデッキを利用してブラックジャックを行うことが多いですが、52枚の1デッキのみで行うブラックジャックをシングルデッキ、2デッキで行う場合はダブルデッキといいます。

ソフトカウント

「A」を11とカウントすることをこう呼びます。

ソフトハンド

配られた2枚のカードに「A」が含まれることを指します。

ハードハンド

配られた2枚のカードに「A」が含まれない時の手札をこう呼びます。

ピクチャーカード

J,Q,Kなどの絵が描かれている手札のこと。

ペア

配られた2枚の手札か同じ数字であること。

アップカード

ディーラーの最初に配られた上向きに置かれるカードのこと。

ホールカード

ディーラーの伏せられた2枚目のカードのこと。


ブラックジャック アクション用語

ヒット (Hit)

プレイヤーが追加のカードをディーラーから引くアクション。手札の合計が21に近づけるために利用されますが、21を超えるとバストとなり負けとなります。

スタンド (Stand)

プレイヤーが追加のカードを引かずに現在の手札で勝負することを選択するアクション。ディーラーとの比較が始まり、手札の合計が最終的に高い方が勝利します。

ダブルダウン (Double Down)

プレイヤーが最初の2枚のカードを基に、賭け金を倍に増やして追加の1枚のカードを引くアクション。勝てると思われる場面で利用され、その後はスタンドとなります。

スプリット (Split)

プレイヤーが最初に配られた2枚のカードが同じ数字の場合、それらのカードを2手札に分けて別々にプレーするアクション。それぞれの手札には追加のカードが配られ、通常通りプレーされます。

バースト (Bust)

手札の合計が21を超えること。バーストすると即座に負けとなります。

ディーラー (Dealer)

カジノ側の担当者で、プレイヤーと対戦します。ディーラーは特定のルールに基づいてプレイし、最終的にはディーラーの手札と比較されます。 ナチュラル (Natural)

最初の2枚のカードで21が成立すること。通常、エースと10または絵札の組み合わせで成立します。これを「ブラックジャック」とも呼びます。

サレンダー (Surrender)

プレイヤーが最初の2枚のカードを見てディーラーに敗北を認め、ハンドを降参すること。ハンドを降参すると、プレイヤーは賭け金の一部を戻すことができます。

インシュランス (Insurance)

ディーラーの最初のカードがエースの場合に、プレイヤーがディーラーがブラックジャックを持つ可能性に備えてベット額の半分をかけるアクション。ディーラーがブラックジャックの場合は、インシュランスで掛けた分が返金されます。


ブラックジャック ルール②アクション

ヒット(Hit)

ブラックジャックでは、ヒットはめちゃくちゃ大事なアクション。プレイヤーは手札を21に近づけるためにヒットを選びます。ヒットってのは、カードを1枚引くことで、手札がブラックジャックになったり、バーストしちゃったり、スタンドを選んだりしない限り、何回でもヒットできます。

ブラックジャック

オンラインカジノではボタンをクリックするだけで簡単にヒットができるけど、ランドカジノでは口頭かジェスチャーで宣言しないといけないんだ。口頭ならヒットでオッケーだし、ジェスチャーなら手招きかテーブルを叩く動作でディーラーに伝えて、カードを1枚引けるのです。

ブラックジャックを楽しむ上でのヒットの使いどき💡は、カジノごとにルールや戦略が違うけど、基本的に最初にもらう2枚のカードの合計が11以下なら迷わずヒット。同時にダブルダウンもできることを考えておこう。最初の2枚で合計が12以上でも、ヒットのチャンスは高いのです。


基本的には手札を17以上にしておきたいから、12~16の時がヒットの難しい瞬間だよ。そんな時はディーラーのオープンカードやブラックジャックの必勝法、ベーシックストラテジーを参考にしてみてください。


ディーラーもヒットとスタンドを選ぶんだけど、これはディーラー自身の意志ではなく、ブラックジャックのルールで16以下では必ずヒットし、17以上ではスタンドします。これがプレイヤーが手札を17以上にしておきたい理由の一つです。

ディーラーがバーストしなかった場合、プレイヤーは21に近づけるためにヒットするのがおすすめ。


ヒットを使う時のポイント

ブラックジャックでは21を超えない限り何回でもヒットできるけど、12以上でヒットするとバーストする可能性が高いから気をつけてね。10が多く出るゲームでも、12以上は用心してヒットしましょうね。

ヒットできなくなる選択肢もあり。ダブルダウンってのがその1つで、1回だけヒットしてターンが終わるから注意が必要です。たとえば、11でダブルダウンして2が出ても、それ以上のヒットはできないんだ。自信がない時は何回かヒットを選んで調整しよう。

カードカウンティングやAのスプリットなどの攻略法もあるから、色々試してみるといいと言えます。ブラックジャックって楽しいんだから、上手くプレイして勝ちに近づきましょう!


スタンド(Stand)

ブラックジャックの「スタンド」ってのは、プレイする上で超重要なアクションです。ゲームの進行やプレイヤーによっては「ステイ」とも呼ばれてて、Blackjackの中でトップクラスの選択肢。


ブラックジャック

オンラインカジノでは、「スタンド」は2つの意味を持ちます。1つはこれ以上カードを引かないってことで、もう1つは自分のターンを終了するってことになります。バーストするとベットがなくなっちゃうから、ちょっとでも良い数字の時は「スタンド」して、ディーラーがバーストするのを期待するのも戦略としてアリ。


ランドカジノでは「スタンド」を表現するのに、手をテーブル上に広げて、左右に振るとかって動きがあります。手のひらを開いて、ディーラーと監視カメラに分かりやすく伝える感じです。ヒットするかスタンドするかで迷うことが多いけど、スタンドを上手に使うと勝率アップのヒントになることもあります。

ディーラーのアップカードと自分の手札によって、ベーシックストラテジーとかっていう攻略法が役立つこともあります。もちろんそれが全てじゃなくて、自分の感覚やその日の調子に合わせて判断するのも大事。Blackjackでは10がよく出るから、最初の2枚で合計が12以上なら、バーストを避けるためにもスタンドを考えておくといいです。


「スタンド」は自分の手札でディーラーとの勝負を宣言することにもなるんです。1度スタンドしたら、後はカードを引くことはできないから、勝負するカードが揃ったら「スタンド」って決断してみましょう。

スタンドでバーストのリスクを避けつつも、慎重すぎてディーラーがバーストしなかった場合は負けちゃうこともあるから、バランスが大事。ブラックジャックは難しいけど、その難しさが楽しさでもあるんです。


スプリット(Split)

スプリットってのは、最初にもらった2枚のカードが同じ数字だったら、ハンドを2つに分けて新しいチャンスを得られるアクション。例えば、AとA、5と5、JとK、10とQなどがそうです。

スプリットすることで、もともと弱かったハンドが一気に強くなって、勝率がアップする可能性があるんだ。分けたハンドは独立して戦えて、最初のベットと同じだけ賭けて、2つのハンドでゲームに参戦できます。

ブラックジャック

スプリットした後は、各ハンドで通常通りヒットやスタンドを選んで進みます。スプリットは1ラウンドにつき1回だけって場合が多いけど、テーブルごとにルールが異なるから注意が必要。

いくつかルールがあって、例えばAのペアでスプリットした場合、それぞれ1回しかヒットできないことが多いです。

スプリット後にはダブルダウンができない場合もあります。ダブルダウンはベットを2倍にして追加ヒットするアクションなんだけど、スプリット後は制限されている場合があるんです。


スプリット後の再スプリット(リスプリット)は、実際にはあまり使われません。同じ数字が再度出ることはそんなにありませんから・・・・

ちなみにスプリット後で「21」ができても、ブラックジャックとは見なされないことがああります。ディーラーがブラックジャックを出してたら負けちゃうから気をつけてね。


スプリットはプレイヤーの2枚のカードの数字次第で使うべきタイミングが変わってきます。特に勝ちやすいハンドや逆に厳しい状況の時に使うと、有利に進めることができるはずです。


ダブルダウン(DoubleDown)

ダブルダウンってのは、「最初の賭け金と同額の賭け金を追加してゲームに参戦するアクション」。いつ選ぶのがベストなのかっていうのは、結構迷うところでもあります。

ブラックジャック

ダブルダウンは勝ったら利益が2倍になるし、負けたら損失も2倍になっちゃうリスクのある手法。だから無闇に使うと逆に痛い目に遭いやすのです。だけど、ダブルダウンをうまく使えるようになると、ブラックジャックでの成績も格段に上がります!勝てる可能性が高いと感じたら、同じくらいの賭け金を追加してダブルダウンしてみましょう。本場のカジノでは、賭け金の横に同じ額を置いて指差すだけで伝わります。ダブルダウン後は1枚だけカードが追加されます。


カジノによっては、スプリット後でもダブルダウンできる場合もあるし、「9・10・11」の合計値の時だけ許される場合も。でもどのカジノでも共通しているのは、ダブルダウン後に引けるのは1枚だけということです。


この制限の中で、いつダブルダウンすべきかは戦略的に考えないといけないのです。手札にAがある場合、Aを「1」と数えても「11」と数えても、ダブルダウンでバーストすることはなく、ハンドが強化されるチャンスがあるのです。

ただし、ダブルダウンすると1枚しか引けなくなるから、ディーラーのアップカードに気をつかいながら進行させましょう。ディーラーのアップカードが「3・4・5・6」の場合、ディーラーがバーストする可能性が高いから、ダブルダウンしても小さい数字を引けばプレイヤーが有利に。逆に、ディーラーのアップカードが「A」「10または絵札」の場合、ディーラーがバーストする可能性が低いから、ダブルダウンで小さい数字を引くと負ける確率が高くなるから、そんな時はダブルダウンしない方が良いよ。


サレンダー(Surrender)

ブラックジャックのサレンダーってのは「降参」という意味。

サレンダーを宣言すると、プレイヤーが負ける代わりにベット額の半分が戻ってくる仕組みなのです。

ブラックジャック

サレンダーは最初の2枚のカードが配られた時、ディーラーのハンドが強くてプレイヤーが負ける可能性が高いときに使うと効果的。ブラックジャックのサレンダーには2つのタイプがあって、アーリーサレンダーとレイトサレンダーがあります。


アーリーサレンダーはディーラーがナチュラルブラックジャックを確認する前に宣言できるルールで、これはプレイヤーにとって有利だから採用されているテーブルは少ないと言えます。


レイトサレンダーはディーラーがナチュラルブラックジャックを確認した後に宣言できるルールで、これが一般的なサレンダーの形です。


サレンダーのメリットは、負けの確率が高いときにあきらめてベット額の半分をリターンできること。プレイヤー有利な採用ルールの場合、還元率が高くなるから、サレンダーができるブラックジャックはプレイヤーにとっておいしい方法であると言えます。

でも、サレンダーのデメリットもあって、勝ちやすい状況であきらめてしまうこと。サレンダーは勝率が低いときだけに使うのが効果的です。


インシュランス(Insurance)

インシュランスはもともと「保険」っていう意味で、ディーラーのアップカードがAの時にできるアクションです。

ブラックジャック

アップカードがAなら、ディーラーが最初の2枚でブラックジャックになる可能性が・・そんな時、プレイヤーが負けるのを避けるために、最初の賭け金の半分を追加でベットして「保険」をかけるのです。

これでディーラーがブラックジャックになっても、予想が当たれば賭け金の3倍の配当がもらえることになります。

最終的にはインシュランスをするかどうか迷うところでもあります。実際の検証で4つのパターンを把握して判断すると良いでしょう。


  • インシュランスが当たり、本戦で相手に負けたパターン

  • インシュランスが外れ、本戦で相手に勝ったパターン

  • インシュランスが外れ、本戦で相手に負けたパターン

  • プレイヤーの手札がブラックジャックで、インシュランスをしたパターン

インシュランスは的中率も低く、配当もあまり得られないから慎重に選んで。ブラックジャックには他にも色々な賭け方があるから、勝ち負け以外の楽しみも見つけてみてね。


その他のブラックジャック


ブラックジャックにはさまざまな種類

さまざまなゲームルールがあります。前述したパターンは基本のブラックジャックとなります。

クラシック・ブラックジャック

通常のブラックジャックで、これまでこのページで一緒に勉強した基本的なルールが適用されます。ディーラーとプレイヤーが基本のブラックジャックで対戦します。


スペイン21 (Spanish 21)

スペイン21は通常のブラックジャックから数枚のカードを抜いたデッキを使用します。エースは通常よりも特別な役割を果たし、プレイヤーにとって有利なルールがいくつか導入されています。


ダブル・エクスポージャー・ブラックジャック (Double Exposure Blackjack)

ディーラーが最初の2枚のカードをオープンにして配るバリエーションです。これによりプレイヤーはディーラーの手札を正確に知ることができますが、一部のルールが変更されています。


パーフェクト・ペアズ (Perfect Pairs)

プレイヤーが最初の2枚のカードがペアを成す場合に追加の賞金を獲得できるようなルールが導入されています。


ポンツーン (Pontoon)

イギリスやオーストラリアなどで人気のあるバージョンで、通常のブラックジャックとは異なる用語やルールが存在します。例えば、ブラックジャックを"Pontoon"と呼び、手札の合計が21以上でもバーストとならないなどがあります。


アトランティック・シティ・ブラックジャック

アトランティックシティのカジノでプレイされている特定のルールがあるバリエーション。例えば、ディーラーが17のソフトハンドでスタンドするなどがあります。


マルチハンド・ブラックジャック

プレイヤーが同時に複数のハンドをプレイできるバージョン。複数のハンドにベットすることができ、それぞれ独立してプレイされます。



いかがでしたか? これからも編集部ではオンカジ初心者の皆様へどんどん執筆していきますので、購読登録をお勧めいたします。


ブラックジャックを練習するならこのカジノサイト


 

✅入金不要ボーナス40ドル

✅入金不要フリースピン25回

​✅ウェルカムボーナスで練習!

ハマり度    ⭐️⭐️⭐️⭐️

入出金スピード ⭐️⭐️⭐️⭐️

 

✅フリープレイでブラックジャック

✅入金ボーナス

​✅各種トーナメント

ハマり度     ⭐️⭐️⭐️⭐️

入出金スピード  ⭐️⭐️⭐️

 

最高659億円の勝者

✅日替わり入金ボーナス

​✅サプライズキャッシュバック

ハマり度    ⭐️⭐️⭐️⭐️

入出金スピード ⭐️⭐️⭐️

 

ブラックジャックの配当

勝ち:賭金の2倍が払い戻されます。

ブラックジャック:賭金の2.5倍が払い戻されます。

プッシュ(引き分け):賭金が全額払い戻されます。


判定方法は・・・・・


両者ともバーストせずに残った場合:両者の数字を比較して、21に近い数字を持っているほうが勝者です。

先にプレイヤーがバーストした場合:バーストした時点でプレイヤーの負けが確定します。

ディーラーがバーストした場合:プレイヤーの手札の数字に関係なくプレイヤーが勝ちます。

両者とも同じ数字の場合:

ディーラーとプレイヤーの数字が同じ場合は引き分けです。


Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
オンラインカジノ
オンラインカジノ
オンラインカジノ
bottom of page